『30代前半の男性で最近、勃起しづらくなっており困っている。』

自慢のペニスが「勃たない」「勃ちが悪い」「朝立ちしない」という場合は要注意。

 

いや、EDとかそこまで大げさでは・・・と思うかもしれませんが、ED(勃起不全)とは何も完全にペニスが勃起しない状態だけを指すのではありません。

 

ペニスの勃起力が原因で、満足いくセックスが出来なければそれはED(勃起不全)なのです。

 

30歳にもなると確かに性欲は落ちていきますが、それでもセックスで勃たないのは落ち込む男性、冷静さを失う男性も多いように感じます。

 

特に若い女性とのセックスでは、勃たないなんて女性にも気を使わせてしまい、せっかくモテる30代も勃たなければ自信を無くしてしまい、積極的になれなくなり勿体無いですよね。

 

20〜30歳くらいで勃たなくなる原因のほとんどが、ストレスなどによる心因性EDですが、ストレスなんて自分でコントロール出来ないじゃないですか。

 

最近、仕事が非常に忙しく、その疲れとストレスが原因だと思っているがこのような場合は仕事の問題、ストレスを解消すれば勃起不全は治るのか?

 

またその場合、ストレス発散できない場合、どうやって勃起力を回復させるのか?ここらへんを徹底的に探っていきましょう。

ストレスで勃たなくなるのは心因性ED

体の機能そのものに問題はなく、ストレス・心理的・精神的な要因から勃たない事を心因性 EDと呼びます。

 

うつ病や統合失調症といった精神疾患のみならず、会社でのストレスや夫婦関係などの問題、または幼少期のトラウマなど、誰にでも起こり、その原因は人によってさまざまです。

 

自律神経の乱れによるものだ。これは心因性EDといって、精神的に不安定になることで体が”勃たない状態”になりストレスや不安、緊張により自律神経が乱れ勃起しにくい体になります。

 

心因性の場合、真っ先に疑うべき原因といえば人間関係によるストレスや職場や家族からのプレッシャーによる中折れや勃起障害。

 

そのストレスがかかることにより、何故あなたが勃たなくなるのか?結論から言いますと自立神経と副交感神経のバランスがストレスにより崩れているからです。

勃起は自律神経と副交感神経のバランスが鍵

 

自律神経というのは興奮状態や緊張状態の時に優位になる交感神経と、落ちついたりリラックスできている状態の時に優位になる、副交感神経の2つで成り立ってます。

 

そしてこの2つの神経は体の体調や状況に応じて、自動的にどちらか片方が活性化する仕組みになってます。

 

例えば、走っている時などは脈拍や息が上がるので交感神経が優位になり、食事をしたりのんびりしている時はリラックスできている副交感神経が優位になります。

 

勃起する時はどちらの神経が活性化するのかというと、興奮してる時の交感神経と思われがちですが、実はリラックス状態の副交感神経の時に勃ちやすくなります。

 

 

  1. 仕事やプレッシャーにより過度なストレスを感じる
  2. ストレスにより交感神経が優位になり続ける
  3. 自律神経が乱れると副交感神経になかなか切り替わらない。
  4. リラックス出来ない緊張状態ではセックスの時に勃たなくなる。

 

これが自律神経の乱れといい、心因性EDと呼ばれる勃起不全の原因。

 

このように、自律神経は2つの神経のバランスを上手く取る事で正常に機能します。しかし日常的にストレスを感じていると、交感神経ばかりが優位になり、精神的にリラックスができなくなる。

 

そして、いざ勃起しようとしてもストレスが原因で、なかなかリラックス状態の副交感神経に切り替わってくれない…というように2つの神経のバランスが取れなくなってしまうのです。

ストレスでEDになる原因:5つのパターン

ストレスがない男性なんていませんが、ストレスでEDになる原因を知ることが大切。

 

というのも、どんな病気でもそうですが、自分が何故?勃たないのかを認識する事が、勃起改善には一番の近道ですのでその主な原因をまとめてみました。

 

仕事の人間関係

働いている男性でストレスを全く感じずにいる男性はごく僅かで少数派でしょう。殆どが毎日頑張って仕事をしていて少なからずストレスを感じているかと思うのですが、

 

なんでも完璧にこなそうと頑張りすぎる男性はストレスEDになりやすい。

 

完璧ではなくてはいけないという日本人男性が物凄くいて逆に、完璧=6〜7割と考えている男性は要領よくこなしてストレスが少ないようです。

肉体的疲労

毎日の残業がずっと続いて、持ち帰りの仕事をしている男性も少なくないですが、体が疲れすぎると食欲もなくなるように、当然性欲も無くなりますよね。

 

体が疲れているときはなんらかのサインが出ていますので、そのサインを見逃していると、勃たないどころか体調を崩してしまいますので注意が必要。

睡眠

勃たない要因で意外と知られていないのが、睡眠不足。このことに気づかず、年齢のせい”とか運動不足と勝手に解釈している方が非常に多いが実は、良質で深い睡眠を取るだけで下半身が元気になることもあるんです。

 

特に、勃たないで悩んでいるあなたは夜の11時〜3時は睡眠のゴールデンタイムで、最も成長ホルモンの分泌も盛んに行われる時間帯です。

パートナーとの関係悪化

パートナーと関係が悪化しているときは、そもそもセックスにまで至らない場合が多いですが、結婚しているとそうもいきませんよね。

 

お互いが夫婦である以上、他の方とセックスする訳には行かないので、冷めた関係で義務的にセックスを行う事もあるかと思いますが、相手とコミニケーションが上手くいっていないとセックス も上手くいかないものです。

妊活セックス

タイミングEDといい妊活のプレッシャーにより勃たない男性も多くいるそうで、妊活中のタイミングEDで勃たない男性が精力を取り戻す方法にも詳しく書いていますが、

 

毎月、あの日のお決まりセックスは嫌悪感からEDや中折れが生じてしまう。

 

夫婦間のセックスといえども、これは心理的な部分ですので個人の努力では乗り切れないかもしれないので、パートナーに配慮しながら話し合いをするといいでしょう。

まとめ

 

どうでしたでしょうか?慢性的なストレスは、男性ホルモンの分泌を減少させますし、血中の活性酸素が増加して血流悪化の原因ともなり、精力を低下させ勃起力を奪ってしまうのです。

 

30代の男性にとって、勃たない・中折れといった性的障害は大きな悩みになる事でしょうが、解決策はあります。何度もお伝えして来ましたが、

 

原因を解明して、決して一人で悩みすぎない事。

 

勃たないのは最近疲れているだけとか年齢だけのせいにしていたら、いつか本当に勃たなくなってしまう日も近いかもしれませんので、原因を解明して勃起できる体を取り戻しましょう。

 

関連記事;ぼっき力アップの筋トレの秘訣!勃起力回復の最強のトレーニング法!

 

では素敵なセックスライフを。

下のバナーを、クリックして応援してくださるととても励みになります。