『自慰行為では射精出来るのに、SEXでは射精できない』

 

近年こういった男性が激増していますが、そう言う私も長年悩まされてきました。

 

その期間10年も。今では改善されましたが、振り返ると10年解決出来なかった一番の要因は『自慰行為では射精出来るのに、SEXでは射精できない』事を、

 

『そんなもんだ、しょうがない』と諦めて原因を知ろうとしなかったから。

 

要するに、自慰行為では射精出来るのに、SEXでは射精できない事の原因を知ろうとせずに、なんとなくやり過ごしてきたから。原因を調べて、色々改善する方法を試しているうちに2年も掛からず改善したのだ。

 

もしあなたが『自慰行為では射精出来るのに、SEXでは射精できない』で悩んでいるのであれば、まずは原因を知る事が改善の一歩目になります。その大きな一歩目が私は遅かったため、10年も掛かりました。

 

この記事を最後まで見れば、『自慰行為では射精出来るのに、SEXでは射精できない』を解決する大きな一歩目を知ることができるので、そこからは時間が掛からずに改善できるという事。

男性膣不感症は射精障害の1つ

膣不感症とは射精のタイミングを自分でコントロールできない早漏や遅漏と同じ射精障害の1つで遅漏、早漏も射精障害に入ります。

 

ここで厄介なのは『自慰行為では射精出来るのに、SEXでは射精できない』事を、遅漏だと勘違いする事。

 

私が長年悩んでいた原因は、まさに遅漏だと勘違いしていた事なのです。というのも、自慰行為では射精できるし、調子いいときはセックスでも射精できる為、自分が何かおかしいなんて思わず遅漏だと安易に考えていた。

 

その勘違いによって、原因を調べるなんて考えた事もなかったのです。男性膣不感症は、セックスのときに男性器の勃起が持続せず中折れしてしまう症状や、そもそも勃起ができなくなるEDとは異なりますので、それぞれに合った対策が必要です。

男性膣不感症と膣内射精障害

 

私は最初にネットで調べたときは、『セックスでイケない』と検索で調べて腟内射精障害と判明しましたが、今は男性膣不感症とも出てきます。

 

何か違いがあるのか調べたところ、二つとも同じで、正式には『膣内射精障害』だとわかったので、この記事では以後腟内射精障害と言わせてもらいますね。

男性がに膣内射精障害なる3つの理由

 

腟内射精障害のほとんどの人が間違った自慰行為をしているのです。

主に以下の3つ。

 

  • 自慰行為をする時に強い刺激を与えている
  • 過度なアダルトビデオの見過ぎ
  • オナホールなどの道具を日常的に使用している。

 

一つずつわかりやすく説明していきますね。

自慰行為をする時に強い刺激を与えている

間違ったオナニーというのは誤解があるかもしれないので、腟内射精障害になりやすい自慰行為とします。おそらく膣で射精できない人のほとんどが強い刺激で自慰行為をしている。

 

というのも、私もそうでしたが自慰行為で与えている強すぎる刺激は、セックスでは得られないので、膣で気持ちよく感じなくなってしまうのです。

 

例えば、床に擦り付けたり、強くペニスを握ったり、短時間ですぐ終わらしたり足をピンと伸ばすのもダメ。普通のセックスで膣から得られる刺激よりも強い刺激を日常から与えている。

 

こんな自慰行為ばかりを繰り返していると、自慰行為の刺激に慣れ過ぎてしまう為、腟内射精障害になってしまうのです。

過度なアダルトビデオの見過ぎ

毎回AVを見ながらマスターベーションをする癖がついてしまうと、射精するときに必ずAVを見なければ射精できない体質へと変わってしまう人もいます。

 

最近では気軽にいつでもスマホで過激な動画を見れてしまうので、見るなと言うのは無理があります。でも視覚的にも常にも強い刺激を与えつずけ、AVの綺麗な女性に慣れてしまうと、リアルな女性とのギャップで射精できなくなります。

 

全く見るな!なんて言ってませんからね。私も好きな方なので。あとAVの世界はエンタメであって皆に楽しんでもらうものとして作られていますので、現実にあんなセックスを求めるのも腟内射精障害の原因になる。

オナホールなどの道具を日常的に使用している

男性なら一度は聞いたことがあるでしょう。『TENGA』。

友人などから使った話などを聞いて、使いたくなるのも分かります。

 

しかし、オナホールは原則厳禁です。オナホールに慣れてしまうと、絶対に女性の膣では射精できません。男性の性器はそういう風にできているのです。

腟内射精障害は自慰行為しちゃダメなの?

 

今回の記事を書くのに当たって色々調査してみたのですが、『膣不感症を治す為にはオナ禁しなさい』と書いてある記事がありましたが、私はあまりオススメできません。

 

確かにセックス中には感じられない強い刺激の自慰行為は、今すぐ辞めましょう。しかし、強い刺激ではない自慰行為で慣れておくのも大切。

 

いきなり辞めてしまうと、今度は勃たないのに慣れてしまってそれこそ勃起不全(ED)になりかねないので、この記事に書いてある事を注意しながら自慰行為をしましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか?あなたが膣不感症(膣内射精障害)を改善するための第一歩目は、自分が何故このようになってしまったのかの原因を知ることが大切なのは伝わったのではないでしょうか。

 

そして自慰行為の仕方を今すぐ変える

 

私も間違った自慰行為をしていた為に、膣内射精障害に10年も悩んでいましたが、原因を知り膣内射精障害にならない為の自慰行為に変えただけで、驚くほど改善しましたので是非試して見てください。

 

セックス中の中折れについても書いてある記事がありますので、良かったらのぞいて観てください。最近途中で萎える、、、EDかも!?疑う前に勃起のメカニズムを知ろう!!

 

では素敵なセックスライフを。

 

 

下のバナーを、クリックして応援してくださるととても励みになります。