『最近精力が落ちてきたな、でも安易に薬に頼りたくない』

そう思って悩んでいるあなたは、

 

おそらく軽度の勃起不全(ED )だ。

 

EDといえば、勃たなくなるを想像しがちだが、大きく見れば精力が落ちるという事も勃起不全(ED)に入る。

 

私も軽度のEDに10年もEDに悩まされていたが、病院に行ってバイアグラなどの薬を処方してもらうのを躊躇っていたから薬に頼りたくない気持ちは分かる。

 

風邪を引いても殆ど寝て治していましたし、あなたもそうなのではないでしょうか。

さらに知っている方もいると思いますが、EDの治療は保険適用外の自由診療なので10割負担なのです。

 

診察料は2000円〜と行く病院によって違います。現在あるED治療薬は3種類ありますが、どれも相場は1錠1500~2000円程度。一般的な薬よりも少々価格は張るものの、手が出せないほど高価というわけでもありません。

 

それでも計1万くらいは飛んでしまうので、地味に効きますよね。実際に食事や運動、または今回紹介するツボ押しで十分改善するので、薬や精力剤を使うのはちょっとな…と、抵抗がある方も安心してください。

 

この記事では、そんな方に試してほしい「EDを回復させるツボ」について紹介していきます。

この記事を最後まで読むとEDの回復につながる方法がわかります。

 

明日からでもパートナーとできるツボマッサージでもあるので、ぜひ試してみてくださいね。

バイアグラなどは西洋医学、EDに効くツボ、マッサージなどは東洋医学

 

まず初めに、簡単にバイアグラなどの薬や手術で治す方法と、ツボ、食事、針、お灸、筋トレなどで病気を治す方法の違いを説明します。薬や手術は西洋医術、ツボ、針などは東洋医術といいます。病気に対してのアプローチが全然違うのです。

 

私みたいに薬に抵抗があり、副作用も心配な人は東洋医術が断然オススメ。

デメリットとして今すぐに効果は得られない。

 

風邪を引いて薬を飲む時をイメージして欲しいのですが、薬を服用する時は直ぐに治したい時ではありませんか?東洋医術と違い直ぐに効果があるのは西洋医術なんですが、デメリットとして副作用があります。

 

最近精力の低下を感じているが、いきなりバイアグラを服用するのに抵抗があるあなたには、東洋医術でまずは改善した方がいいです

 

というのも、お金も掛からず、しかも隙間時間にできるから。

食事、筋トレ、ストレッチでも効果があるので、この記事も合わせてどうぞ。

 

嘘?本当?ツボ押しで勃起力回復

 

この記事を見て、まず最初に『本当にツボを押しただけでEDが治るの?』と思いましたか。

確かに私も最初は半信半疑でしたが、実際に治っていますから。

 

他にも運動、食事、メンタルなど色々合わせて実践していたので、ツボだけで治ったとはいえないですが、他の方法と同様に理にかなっていたので効果はあります。

 

簡単にいうとツボに刺激を与えることで、皮膚の上から内臓への働きかけが可能ということになる上、刺激は脊髄や中枢にまで伝わり、中枢はさらに、その先の末梢神経へと刺激を伝えていくのです。

 

そもそも勃起とは海綿体に血流が流れ込む現象。つまり、血行が悪いほど、勃ちも悪くなるのです。ツボを刺激することにより、血液の循環がよくなり全身の血行を正常化します。血液が体のすみずみまで行き渡るためEDも回復して勃起しやすくなるのです。

 

これから精力を回復させる為にツボの押し方、押す場所を紹介していきますがその前に、つぼ押しは効果があるが東洋医術の為、明日直ぐにギンギンに回復する訳ではない。

 

先ほどもお伝えしましたが、その病気や症状をダイレクトに解消させるのが西洋医学なのに対し、病気や症状から自分のタイプを判断し、病気や症状になりにくい体質に変えていくのが東洋医学と言う事を忘れずに。

EDを回復させるツボ押し方

 

押し方なんていいから早く教えてと聞こえてきそうですが、ツボ押しといっても、素人ではギュウギュウ揉んだり、グイグイ押したりと正しいやり方が分かりませんよね。

 

ツボ押しの基本は、「親指で押す」ことです。両手をオバケのようにして「つかむ」ような動作はしません。基本的に使う指は「親指1本」だけです。親指は、ある程度面積があって力をかけやすいので、効率よくツボに刺激を入れられます。

ツボを押すときの3つの注意点

  • 爪を立てないように注意します。
  • 親指の腹を皮膚に対して垂直になるように当てます。
  •  腕の力をなるべく使わずに、体重を軽く乗せるようにする(片手で行うと指が疲れてしまう場合は、両手の親指を重ねる形で行う)

 

親指の腹の部分を使ってプッシュします。ポイントはツボに対して変な角度で押さないことです。他にも角度や押す時間などもあるので、女性整体師の書いた本『快感のスイッチ』に詳しく書いてあるのでみてみましょう。

EDを治すツボの場所3選

精力回復に効くツボと行っても沢山あるので私が実際に効いたと思う場所を3つお伝えしていきます。

太衝(たいしょう)

太谿(たいけい)

三陰交(さんいんこう)

まとめ

どうでしたでしょうか?ツボ押しを継続すれば下半身や下腹部周辺の血行促進されるため、海綿体や陰茎に血流が流れやすくなりスムーズに勃起できるのは間違いないですよ。よってツボを刺激することで、精力の回復は期待できます。

 

バイアグラなどの薬に頼らずとも、まずはツボ、食事、ストレッチなど、今すぐにできる取り組んでみてはいかがでしょうか。薬を服用するよりは期間がかかるので焦らず、じっくり回復させていきましょう。

 

では素敵なセックスライフを。

 

 

下のバナーを、クリックして応援してくださるととても励みになります。