『エッチしているとき、肝心なときにふにゃチンになってしまう』

『特にゴムをつけていたらなおさらふにゃちんになってしまう』

 

『ギンギンにフル勃起する事はできない』で悩んでいる男性は少なくないが、セックスで挿入前にふにゃふにゃになる方と、挿入中に萎えてしまう男性がいるが原因は少し違う。

 

ただし、共通しているのは男性ホルモン不足と血流の悪化。

 

セックスの流れで、あなたがどのタイミングでふにゃちんになってしまうかでそれぞれ原因は違います。原因が違うのでその対象法もそれぞれ違うのですが、まずは男性ホルモン、・血流の悪化を疑いましょう。

 

せっかく女性とセックスする機会に、肝心のペニスがふにゃちんじゃ格好悪くて、落ち込んでしまいますよね。もしかしたら勃起不全(ED)なんじゃないかと疑ったり。

 

でも、オナニーでは問題ないからEDではないと考えるのは危険で、そのまま放って置いても治る事はありませんので、あなたがふにゃちんになる原因を一緒に探っていきましょう。

ふにゃちんとEDの違い

ふにゃちんでセックスがまともに行えないと不安になりますが、実はほとんどEDと変わりません。EDにも色々な状態があり、セックスの最中に勃起状態が続かなかったり、男性器が硬くならなかったりとEDにも種類があります。

 

勃起不全(ED)=全く勃たないではない。

 

というのも、EDにも色々な種類があり、実は全く勃たないというEDに悩む男性よりも勃たない時がある、またはペニスがあるタイミングでふにゃふにゃになってしまうという方も多いです。

 

セックスの時に何かしら問題でスムーズに行えないのであれば、軽度とはいえEDもしくはED予備軍とも言えます。

ふにゃちんの人の特徴と体質

 

ふにゃちんは初期EDといっても過言ではなく、EDになってしまう男性の特徴と似ていて体質はほぼ関係ありません。生活習慣の乱れ(運動不足や偏った食事、年齢的)などによりひき起させる事が多いようです。

 

体質はあまり関係ありませんが特徴はほぼ同じで、育った環境やストレスからフニャチンになりやすいので、勃起しづらくなったら食べ物を変えてみたり、ジョギングをして体力をつけるようにしないと改善されません。また栄養のつく、スッポンなどを食べる事でも改善されます。

ふにゃちんになる原因:挿入前に萎えてしまう人は?

男性ホルモンの低下

男性ホルモンとは、女性の体を見たり触れたりすると、男性ホルモン(テストステロン)という成分が体内で一時的に大量に分泌され、そのテストステロンの分泌を合図に脳からペニスに「勃起しろ!」という指令が伝達されて勃起する。

 

そのテストステロンの分泌量が少ないと、勃起しろ!という司令が上手くペニスに伝わらない為、勃起に必要な血流がペニスに十分に流れ込まないので、

 

血流が増大しないとペニスに流れる血液の量も増えないので、当然ペニスはうまく勃起しない。

 

男性ホルモンの分泌不足によるフニャチンは、血の流れが悪く、陰茎海綿体への血流量が低下しているから、ふにゃちんになってしまっているわけです。

血流の悪化

勃起をするには陰茎にある血管を拡張する必要がありますが、動脈硬化が起こると血管が硬くなり、拡張が出来ず、勃起を維持できなくなります。

 

動脈硬化は年齢とともに進行するほか、高血圧だと進行が早まります。タバコやお酒、高コレステロール、塩分は動脈硬化を更に進めることにもなりますので、注意が必要です。

 

このように、いつどのようにして勃起のできない状態になるかわかりません。

ふにゃちんになる原因:挿入中にふにゃちんになってしまう人は?

刺激の強いオナニー

間違ったオナニーというのは誤解があるかもしれないので、腟内射精障害になりやすい自慰行為とします。おそらく膣で射精できない人のほとんどが強い刺激で自慰行為をしている。

 

というのも、私もそうでしたが自慰行為で与えている強すぎる刺激は、セックスでは得られないので、膣で気持ちよく感じなくなってしまうのです。

 

例えば、床に擦り付けたり、強くペニスを握ったり、短時間ですぐ終わらしたり足をピンと伸ばすのもダメ。普通のセックスで膣から得られる刺激よりも強い刺激を日常から与えている。

 

こんな自慰行為ばかりを繰り返していると、自慰行為の刺激に慣れ過ぎてしまう為、腟内射精障害になってしまうのです。

過度な飲酒

気になる女性とお酒を飲んでホテルへGO!と意気込んだものの、いざという時に勃たなかったというしくじり話はよく聞きますね。

 

お酒は勃起・中折れに悩む人にとって百害あって一利なし。

 

と言われるほど、そもそも勃起とアルコール摂取、あんまり相性が良くないためであり、お酒を飲むことにより勃たなくなる理由は以下の通りです。

 

  • 性的興奮がスムーズに伝達されない
  • アルコール分解のために酵素が亜鉛を消費する

 

興奮はするのでセックス の最初に勃ったとしても、興奮の信号伝達スムーズにいきませんので、途中で萎えてしまう「中折れ」になる可能性も高くなる。

まとめ

どうでしたでしょうか?男性にとってセックスの最中にふにゃちんになる事は、とても認めがたく体質かな?とか色々考えししまうものですが、

 

実際は男性ホルモンの分泌不足と血流の悪化。

 

もうこれさえ改善すれば治ると言っていいくらいなので、食事や運動にきおつけて、女性を満足させてセックスを思いっきり楽しみましょう。

 

では素敵なセックスライフを。

下のバナーを、クリックして応援してくださるととても励みになります。