最近は自転車にも、車と一緒の保険が義務化される程、自転車に乗る方が増えていますが、特にかっこいいロードバイクに乗る人が増えている印象があります。

 

なかには、20キロくらいを毎朝の通勤で走る男性もいて健康にも良いはずなのですが、こんな話を聞いたことはある方も多いのではないでしょうか。

 

自転車に乗りすぎるとEDになる。

 

特に、ロードバイクの様なスポーツタイプの自転車に『一日2時間以上乗ると、EDになりやすい』と噂程度で聞きますが、自転車乗りの男性にとっては聞き流せない話ですよね。

 

実際に自転車に乗ったことが原因で、前立腺が慢性的な炎症を起こす症状が出る男性も少なくない様で、心配になります。

 

はたして、ロードバイク自転車とEDは関係があるのか?

 

自転車とEDについての調査

 

今回記事を書くにあたって、調べていると『サイクリングED』という言葉を発見しました。

 

どうやら米国で、自転車競技の選手や長時間、週に24時間以上自転車に乗っている米国の警察官などを対象にした自転車とEDの関係について、調査結果が注目された時に『サイクリングED』という言葉が広まった模様。

 

英国でも5000人以上に自己申告でEDの関係について調査したものがありますが、

 

自転車漕ぎの時間とEDとの関係は否定されたのだ。

 

しかし、直接的に原因が無いにしても、前立腺が慢性的な炎症を起こす症状を訴える男性もいるので、絶対に大丈夫とは言い切れないのではないでしょうか。

 

実際に「日本性機能学会」が発行した「ED診療ガイドライン」には、EDを起こす一要因として「自転車には注意」が必要であり、乗車時間とEDの間には明らかに相関関係がある、と明記されている。

サイクリングEDは本当なの?

 

ネットで書かれている『サイクリングED』は噂程度だったのか気になるのですが、サドルに股がって自転車をこぐという行為は、確かに男性にとっては負担はあるでしょう。

 

直接的ではないにしろ、ロードバイクの細いサドルは、間接的に関係している可能性は高いという調査結果もいろいろと出ているので、無関係ではないはず。

 

自転車のみならずバイクや馬など騎乗型の乗り物はEDになりやすいのではないかと昔から言われており、特に、ロードバイクの細いサドルは、ペニスの付け根と肛門の間が強く圧迫されます。

ロードバイクのサドル

普通のママチャリとは違い、ロードバイクのサドルは細いものが多いですが、サドルの形状が問題ありそうですね。と言ってもあれがかっこいいんですけどね。

 

ロードバイクの細いサドルで、長時間にも及ぶ運転をしていると、股の部分に負担が掛かってしまい血管や神経が圧迫され血流が悪化する様です。

 

要するに、ロードバイクの様なスポーツタイプの自転車のサドルは硬く、しかも前傾姿勢になるので、どうしても先端部分に負荷がかかりやすくなる。

 

それにより、足の付け根やペニスの付け根に負担が掛かると言う事。

 

さらに、前傾姿勢でペニスの付け根辺りに圧力を与え過ぎることで、血管や神経が損傷をおこし、血行が低下してしまい、勃起に必要な血液が正常に送られなくなってしまうことから EDの症状を起こします。

 

長時間ロードバイクに乗る場合は、パッド付きサドルカバーか、それでもダメならサドル交換をしてあなたに合うサドルを探して行きましょう。

 

今現在痛みがある場合は、前立腺が慢性的な炎症を起こす症状が出る前に早めに変えることをオススメします。

前立腺炎とは?

 

EDとの直接的な関係は薄いですが、前立腺が慢性的な炎症を起こす症状は少なくないので気をつけたいところ。前立腺は膀胱の下のところにあるのですが、

 

スポーツタイプのサドル乗ると強く圧迫されて、それが慢性の前立腺炎の原因に。

 

それと同時に、骨盤の下にある骨盤底筋が損傷を受けます。勃起というのは、ペニス内部の海綿体に、血液が流れ込むことで初めて起こります。

 

ところが、その周辺の血管に損傷があると、海綿体に十分な血液が流れ込むことができません。

 

そのため、EDの原因になってしまうわけで、自転車はこの筋肉をいつも痛めつけているわけですから、前立腺炎は勃起障害に直結するものではないのだが、勃起に関わる部分が破壊されるほどのダメージが与えられているシグナルとも言えます。

 

関連記事:『最近勃ちが悪いな』と感じたら病院に行く前に絶対にするべき事!!

まとめ

 

どうでしたでしょうか?そもそも、もし自転車に乗ってEDになるとしたら、その要因はサドルで股付け根やペニスの付け根が直接圧迫されることが主な要因です。

 

玉袋と肛門の間の部分は、勃起に関わる神経や血管のネートワークが集中している部位。

 

細いサドルにより、その部位にかかる圧力、時間によって、これらの神経や血管が障害を受ける可能性は考えられますね。

 

健康の為に自転車に乗ったのに、男性の大切な部分に負荷が掛かるのは心外ですよね。現在ロードバイクに乗っていて痛みを家事ているのであれば、前立腺炎になる前に交換した方がいいかもしれませんね。

 

では素敵なセックスライフを。

 

下のバナーを、クリックして応援してくださるととても励みになります。